天国への階段
同棲中の彼女が購入したMacintoshを無断・極秘で使用し、儲けたお金で、スゴイものをプレゼント!そして普段の奴隷的な扱いから脱出するのだ!と思い立った知識技術ほぼ皆無三十路男の実録ドキュメントブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アジアシリーズ
日本、韓国、台湾、中国の4カ国から各国のプロ野球優勝チーム(中国はオールスター)を集めて、その中からチャンピオンを決めるアジアシリーズが今年から開催されています。

各2試合の総当たり戦なのですが、我らが日本代表の千葉ロッテマリーンズは現在韓国、台湾と開幕2連勝しています。強豪の二カ国に連勝した事でアジアチャンピオンに向けて一歩も二歩も前進です!

ちなみにこのアジアシリーズ、優勝したチームには5000万円、準優勝チームには3000万円、それ以外のチームには1000万円が賞金として支払われる事になっているそうです。

どうやって分配するか気になりませんか?(笑)

目の前にポテトチップスが一袋あったなら、『いかにしてKAORI(KEIN)より多く食べるか?』を考えるという『食』に関してはあさましい我が家。

あれは、同棲を初めてすぐの事でした。KAORIが『賞味期限が切れてたから』と私が大事にしていたシュークリームを食べた事がありました。ふと見えたゴミ箱の中のシュークリームのケースには明日の日付が賞味期限として印刷されていました。同棲をはじめてからはや10年。一番激しい喧嘩の原因がそんな事だったなんて誰にも言えません・・・・・w

その喧嘩の翌日。『お互いの食べ物は例外無く神聖不可侵』、『違反が発覚した場合は3倍返し』という法律、通称『シュークリーム法』が我が家で制定されました。

アジアシリーズ優勝したけど、賞金の分配で喧嘩しちゃった!なんて事がおこらない事をお祈りしています、、、、。
スポンサーサイト
【2005/11/11 21:07】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(4)
わーいわーい誕生日!
わーーい。
昨日11月6日を持ちまして、私KEINめは、31歳になりました。

『早く大人になりたい』と思っていた青春時代。それがいつの頃からか『年なんてとらなければ良いのに』に代わり、『一秒でも昔に若返りたい・・・』に代わってしまうんだろうなぁ、、、。

昨日、KAORIから誕生日プレゼントをたーーーくさんもらいました。ええ、たーくさん。
今日はその中からちょっとだけ紹介させていただこうと思います・・・・。

昨晩、KAORIが鍋(野菜等をぶった切ってダシにぶっこんだもの)を作ってくれました。久しぶりのKAORIの料理に舌鼓を打ち、年に3回(二人の誕生日とクリスマス)しか食べられないケーキを食べ終わると、KAORIが『これプレゼントね!』と小さなぽち袋を私に手渡したのでした。
お年玉袋くらいのサイズの紙のぽち袋は、ちょっとした厚みと重さです。

『現金かっ!!』とドキドキする私。『開けてみて』などと言わせる隙も与えずにバサっと開きました。中から出てきたのは名刺サイズの厚紙が数枚、なにやら文字が書いてあります。

『肩たたき券
今年は諸事情でそれしかないんだけど、大事に使ってね』

『ごめんねー色々あって今ピンチだからさ。』

色々な諸事情というのは、貴方が最近ブラッドピット出演映画のDVDをもの凄い勢いで買いそろえている事のことですか?それとも、その左手にキラリ光る俺の見た事のないシルバーのリングのことですか?

しかしながら『俺は小学生の娘を持つお父さんかっ!!』とシャウトしたい気持ちを抑えつつ、何枚かある券をぱらぱらと見ているとこれが中々のスグレモノであることに気づくのでした。


まずわこれっ!
tyanneru.gif

ジャジャーーーン。
『テレビチャンネル券』・・・・・・。
どうやら10回好きなテレビ番組を観る事が出来る夢のようなチケットのようです。周囲の数字の所を一度使う度にはんこを押して行くシステムになっている模様。消しゴムをカリカリと削ってドクロ型のハンコを作ってあるようです。

あぁこれでサッカー日本代表の試合の度にやっていた、マッサージ、食事の用意、洗濯などの苦労から解放される!!!(詳細はこちら

次はこれっ!
gaisyoku.gif

『外食店決定券』

私は新しいラーメン屋が近所にできようものなら、見つけたその日にでも行きたくなるほどラーメン好きなんです。でもいつも『麺類はそれだけだと食べた気にならないから嫌!!』というKAORIに押し切られて、しぶしぶ別の店に行っているのです、、、。しかーーーーし、この券があればラーメン食べ放題(注10回、自腹)!!ああ素晴らしい。

そしてお次はこれっ!
massaken.gif

『マッサ券』

これは『マッサージをしてもらえる券』かと思いきや、『KAORIにマッサージしたく無い時に拒否できる券』なんです!素敵っ!!!

その他同様の夢心地チケット数枚、私の脳内コンピューターで試算したところおよそ合計『400ZP』
程度(ZPについてはこちら)の価値がありそうです!!

『ZPは金では買えん!!』という名言を吐いたKAORIがくれたとは思えないプレゼント。ありがとうKAORI・・・・・・・。

ううっ今度は、俺がKAORIの誕生日の三月末までにお小遣い稼ぎのほうを進めないと・・・・・と焦るKEINでありました。
【2005/11/06 16:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
あなたたち・・目覚めなさい。
『子供と真剣に会話する。』と、なんでそんな事知ってるの?っていう単語や、奇想天外な対応にビックリさせられてとっても面白くないですか?
私は友人の子供達と話するのが楽しくて仕方が無くって、よく家に行っては友人そっちのけで子供とばっかり話してしまってあとで後悔したりするんです(笑)ママさんたちに言わせれば『せっかく来てもらったのに、子供の相手してもらって悪いわねぇ』ってことになるんですが、私は本気で楽しんでいるんですw

先日、奈良に住む友人の家に遊びに行った時の事です。
その友人には4歳の『あおいちゃん』と、0歳7ヶ月の『つばきちゃん』というかわいい二人の娘がおりまして、例のごとく友人そっちのけで子供とお話してたんです(笑)
以下、子供部屋でKAORIと私と『あおいちゃん』との会話。

『あおいー最近どうよ?』(注 普通に友人と話す感じで喋る)
『最近ー?幼稚園通い始めたんだよ!』

その友人は8月に奈良に転勤で引っ越してきたばかりで、まだ幼稚園が決まってなかったのですが、9月から通う事になったらしいのです。

『おー幼稚園楽しいかい?先生に叱られるような事しちゃいけねーよ』
『うん、楽しいー、でもね・・・・・・』

ちょっと考え込む風のあおい、、。むむ、なんかあるのか?とわくわくする私(笑)

『先生で一人怖い人がいるの』
『へー、叩かれるんだ?』
『ううん、叩かないんだけどね。トイレ行きたい子がいるのに絶対行かせてくれなかったりするの。行っても良いけど、もう帰ってこなくて良いわとか言うんだよー』
『へー厳しいねー』
『その子我慢できなくなってその場でおしっこジャーーってしちゃったんだよー』

うお、、ちょっと4歳児に厳しすぎやしないかい?もしかして、最近の幼稚園はそういう英才教育を始めてるんかしら?
野放しだった自分の保育園時代を思い出して、こりゃ大変な時代が来たなと一抹の不安を感じつつも続きを聞きます。

『うへーーマジでーー?あおいちゃん本当に叩かれたりしてないかい?』
『うん。でも掃除とかあとかたづけとか全部やらされてるの』
『え、あおいちゃん一人で?』
『ううん、男の子と二人で』
『えーーそれひどくない?なんでその二人なの?』
『テストでね、悪い点数だったの』

むお、、、最近の幼稚園ではテストなんかあるのか!!競争社会よのう、、、こんな小さな子供にも戦いをしいるのかと愕然です。KAORIもなんだか怒っているようです。もしかして、虐待幼稚園か?!!と不安になり、、、

『あおいーーそれってママに話した?』
『ううん、ママには絶対内緒ね』
『なんでさ?嫌だったらしっかり言わないと』
『でもね、皆先生の事嫌いじゃないの。』

ほう、、、怖いけど嫌われてはいない、、と。

『この前もね、先生に会いたくて悪い男の人たちとカラオケに行って、先生に助けにきてもらったの。』

4歳の子が友達とカラオケなんて行くの??ここにきて私もさすがにちょっとおかしいぞと思い始めました。KAORIは何かに気づいたらしくニヤニヤ笑っていました。そしてこう言いました。

『それでその先生に目覚めなさいって言われなかった?』
『えっKAORIちゃんそれどうしてしってるのっ!?』

どうやら、、、あおいちゃんは先月まで放送していた日テレのドラマ『女王の教室』の話をしていたみたいなんです(笑)

強烈な女教師が、小学生を能力至上の競争教育世界に叩き込む物語で、賛否両論の評価を
受けたドラマです。サイトのBBSではものすごい数の書き込みがあったとかでヤフーのニュースにもなっていましたね。

KAORIに聞くところ、女王の教室にあおいちゃんの話そのままのシーンがあったらしいです。あとでお母さんに『あおいちゃん女王の教室観てたの?』って聞くと、『最初の1話と最後のほう2話くらい、私が観てるとき横にいたわぁ。ちゃんと最後みたから、怖いだけの先生じゃないって分かってくれてると思うんだけど』と言っていました。

私はそのドラマ観ていないんですが、きっと4歳の小さな心にはよっぽどショッキングな事件だったんだろうなぁと(笑)

『この事ママに言ったら駄目よ。心配しちゃうから』
と真顔で言うあおいちゃんがとても愛らしく、KAORIにもこんな時期があったのだろうか?と思うと、人間の不思議さをあらためて考えさせられる一日でありました。
【2005/11/03 02:17】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ランキング


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

プロフィール

ケイン

Author:ケイン
KEIN

1975年生まれ。大阪在住の30歳独身男性。このサイトの運営者。大学在学中から9年近く同棲している彼女がいる。しかし、最近では半ば奴隷的な扱いを受けており密かに決起の機会を窺っていた。ある日ふとしたきっかけでネットで小遣い稼ぎが出来る事を知り彼女が買っただけで満足し半ばインテリア化していたPowerBook500を極秘で使用し驚くような高額プレゼントをして見返してやろうという野望を抱く。写真を触る程度の事は出来るが、ネットやHP作成の技術は0。吉野家で卵をつけるか2分程悩むくらい金が無い。

nomercy2.gif
KAORI

1976年生まれ。大阪在住。KEINとつき合ってはや9年。出会った頃は大人しかったが数年で体重の増加に比例する如くKEINに対する態度も大きくなって行く、、、。最近ではメシ、マッサージ、ネルの3単語の活用だけで会話が終わるよう考えているフシがある、、、、。待ってろ、、ビビらせてやるぜ!

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。